医師の転職理由を知ろう!!家庭の事情?勤務負荷を減らしたい?

家庭の事情で転職する人が多い

文系の最高峰の資格系の仕事といえば弁護士があります。理系の最高峰といえば医師です。大学の医学部といえば非常に偏差値が高く、簡単には入れません。その分入って医師になれば、高収入が約束されるといわれています。働き方として、自分のクリニックを運営したり、病院で勤務するなどがあります。クリニック運営だと、比較的勤務時間や休日などが取りやすくなります。病院勤務だと病院の勤務体制に対応する必要があり、休みは不規則になります。医師に家族があるとしても、なかなか家族とのコミュニケーションができないかもしれません。医師が転職する理由として多いのが、家庭の事情があるとされています。より勤務時間などが自由に決められるところなどを選ぶようです。

勤務負荷を減らしたいために転職

会社などでは、労働基準法に基づいて労働時間の上限が決められたり、休日などの設定がされています。病院で勤務をする医師なども基本的には労働基準法が適用されます。ただ時間外労働などはそれなりにあります。医師の仕事は人の命を預かるので、急に何が起きるかわかりません。勤務をしていない時間もそれなりに準備をしておく必要があります。人によってはほとんど休みなく勤務をしている人もいるようです。医師が転職をする理由としてあるのが、勤務負荷を今より減らすためです。同じ病院内で自分だけ勤務を減らしてほしいとは言いにくいでしょう。それなら、別の病院に行って新たな勤務体制で仕事をした方がいいと考えるようです。新たに条件なども決められるメリットがあります。

医師を非常勤で雇い入れるメリットは、一定以上の臨床経験をもつ即戦力となりうる医師を集めやすく、常勤医師がその医療施設でのメイン業務に専念することができることです。

Calendar

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728