初めての就職活動で失敗を防ぐために大事なポイント

担当者に好印象を与える面接の受け方

就職活動の際の面接で担当者に好印象を与えるために、服装や身だしなみを整えることはもちろん、社会人としてふさわしい丁寧な言葉遣いに気を付けることが大事です。また、相手の質問をよく聞くことや、分からない点についてすぐに尋ねることで、コミュニケーションを円滑に進めることができます。企業によっては、採用を決めるために複数回の面接が行われることがありますが、友人や家族などに協力をしてもらいながら、実際の面接を想定したシミュレーションをすることがおすすめです。なお、面接の中で採否に大きく関係する志望動機については、前もって受験をする企業のホームページなどに目を通しておくことで、担当者を納得させられる返答を考えておくと良いでしょう。

面接の前に準備しておきたいこと

人物重視の採用試験が行われている企業は年々増加していますが、面接で自身の魅力やポテンシャルの高さなどを理解してもらうために、前もって様々な質問を想定しておくことが大切です。特に、大手の企業の新卒採用や中途採用の面接の際には、就職後に取り組みたい仕事について詳しく聞かれることがあるため、興味のある事柄をしっかりとアピールすることが成功の秘訣です。また、面接の前に各企業の就職説明会やセミナーなどに顔を出すことで、人事の担当者から企業の取り組みについて詳しい話を聞くと良いでしょう。その他、面接における礼儀作法について把握をするために、就職活動に関する書籍を参考にしたり、マナースクールに通ったりすることともおすすめです。

就活の面接を恐れる就活生は多いです。面接は和やかな雰囲気だったり厳格な雰囲気だったりと会社によって異なります。

Calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031