保育園だけじゃない!保育士が活躍できる場所

保育園以外のいろいろな職場

保育士は、主に0~6歳の子どもを預かって保育をする仕事を担う人です。国家資格が必要ですが、一度取得すれば結婚や出産後も復帰して働くことができ、年齢に関係なく続けられる職業といえます。保育士というと、保育園や児童福祉施設で働いている人というイメージがあります。もちろんそのような場所で働く人が多いのですが、それ以外にも活躍できる職場があります。

例えば乳児院です。乳児院は親族や保護者がいない、保護者の病気や死別などで子どもを育てることが難しい、といった理由により2歳児未満の乳幼児を育てる施設です。生後間もない赤ちゃんを育てることもあります。保育園とは異なり保護者のお迎えはなく、乳幼児が乳児院において安全に生活を送れるようサポートする仕事になります。また、保護者がいない、保護者からの虐待などを理由に入所する児童養護施設では、乳幼児以外の18歳までの児童のサポートをします。そして障害のある児童が入所する障害者施設では、18歳までの児童が入所できますが乳幼児の利用も多いです。その他にも病棟保育士といって、病院に入院している子どものサポートをする仕事もあります。病院が職場になります。

このように、保育園以外にもいろいろな場所で活躍できるのです。

需要の高まりで活躍できる場所は多い

近年は少子化にも関わらず、保育士不足といわれています。需要の高まりによって求人も豊富で、今後も増加傾向にあると考えられます。正社員以外にも、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトという形で短期間、短時間勤務ができる求人も増えてきています。正社員に比べて補助的な仕事が多くなるものの、雇用形態がさまざまなであることは魅力といえます。

質の高い保育士の求人を大阪で見つけるためには、正社員の求人情報が多いサイトを活用することが重要です。入社後に研修に参加することで、現場で役立つスキルを身につけることもできます。

Calendar

2018年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930