これからの時代には必要になる!英語の履歴書の書き方について

英語の履歴書が必要な時代になってきた

最近は外資系企業という言葉をよく聞きますが、海外の会社が日本に会社を設立することが増えてきました。そして日本人の中でも、海外の会社へ就職するという人が増えています。今は飛行機で簡単に海外へ行けますから、こうした国際化の流れがあることは当然でしょう。しかしここで問題になることは英語です。もし海外の英語圏にある会社や、日本にある外資系企業に就職するとなると、英語の重要性がかなり高くなります。とりあえずは、就職する前に英語で履歴書などを作る必要が出てきています。

英語の履歴書を書くためのテンプレートを入手しよう

日本人でも海外志向が強い人であれば勉強をして、ある程度は英語が話せるようになっているかもしれません。しかし、就職のために英語の履歴書を書くとなると、ある程度英語が話せても、作り方が分からない人が多いのではないでしょうか。そんな時は、英語の履歴書を書くためのテンプレートを入手しましょう。求人関係のサイトの中には、英語の履歴書のテンプレートを用意しているところがあるのです。外資系や海外での就職を考えているのであれば、それに関係した求人サイトを見て、テンプレートを入手してみましょう。

英語の履歴書を書くときは英語の文法に注意する

今の日本には国際化の波が来ていますので、英語の履歴書のテンプレートはこれからも増えていくでしょう。しかし、テンプレートを入手しただけではダメです。英語の文法に注意しながら、英語の履歴書を作成しなくてはいけません。日本語と違い、英語の文法では最初に結論を書きます。これは英語の履歴書でも重要なことで、大事な部分を最初に書くのです。

職務経歴書を英語で初めて作成する際、日本語とは違った内容が求められるので注意が必要です。事前にテンプレートや例を入手してから作成するようにしましょう。

Calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031